自律神経失調症は療法で治せる~薬から自立しよう~

薬

交感神経のバランス

薬

自律神経失調症の症状はそれぞれ異なります。そのため、自覚症状はあまりないので、気づかないまま悪化している方がたくさんいます。症状が少しでも出ている場合は、自覚症状を見逃さないということが大切です。

Read More

色々な療法を受けよう

薬

自律神経失調症は自分では治す事ができない病気です。そのため、心理療法や食事療法、運動療法などが必要になってきます。それらの療法を行うことで、ストレスとの付き合い方を知ることができるのです。

Read More

自律神経失調症と色々な病気

薬

自律神経失調症は様々な病気と間違われてしまいます。それは更年期障害やうつ病、心身症などです。これらを自律神経失調症と間違えないためにも、症状はしっかり把握しておくことが大切です。

Read More

薬を使った療法

薬物療法

薬

自律神経失調症は、薬物療法があります。その療法では、抗不安薬や睡眠薬、漢方薬などを使用されるのです。抗不安薬は、ストレスを感じた場合に出てくる症状を緩和させる薬になります。使用すると気持ちが明るくなり、安心して眠れる状態になるのです。効き目には強いものや弱いものがあります。自分の症状に合わせて薬を選べるので、安心して服用することが出来ます。また、依存する事があまりないので、副作用に困ることはありません。しかし、妊婦や臓器の弱い方は服用することが出来ないので、医師と話し合いをしながら、使用しましょう。

自律神経失調症と睡眠薬

自律神経失調症に使用される睡眠薬は、どうしても眠れない時に使われます。なぜなら、夜更かしをするだけでも自律神経はバランスを保つことができなくなってしまうのです。深夜の時間帯までおきてしまうと中枢神経を緊張させてしまいます。そのため、眠れない状態が続くのです。これが睡眠障害を起こす原因になります。また睡眠不足が慢性的になると、よりストレスが溜まりやすくなるので、身体に負担がかかってしまうのです。そのため、自律神経失調症や不眠症が悪化し、強い作用のある睡眠薬が処方されます。しかし、自律神経失調症の症状が改善されていけば、処方される睡眠薬を減らしていくことができるのです。それでも睡眠薬を使用するのに抵抗がある場合は、メラトニンを積極的に摂取していきましょう。