自律神経失調症は療法で治せる~薬から自立しよう~

薬

自律神経失調症と色々な病気

うつ病と間違われる自律神経失調症

薬

自律神経失調症はうつ病と勘違いされやすいです。特に仮面うつ病は、自律神経失調症と症状が似ています。なぜなら、肩こりやめまい、頭痛などの症状を引き起こすからです。そのため、本当は仮面うつ病なのに、自律神経失調症と間違われてしまいます。この仮面うつ病にかかっている人の殆どが、自律神経失調症や心身症などの病気にかかっていることがあるのです。そのため、治療に必要のない抗うつ剤と呼ばれる薬を渡される場合があります。仮面うつ病のはずなのに、抗うつ剤が効かないという場合は、他の病気にかかっている可能性があるので、きちんと病院で確かめてもらいましょう。しかし、自律神経失調症は治療しないで放っておいてしまうと、うつ病を発症する可能性があります。

自律神経失調症と似ている病気

自律神経失調症と似ている病気には心身症があります。この心身症とは、ストレスが原因でかかった偏頭痛や胃潰瘍などの病気の事を言います。これが自律神経失調症と同様に間違われてしまうことがあるのです。しかし、違いはあります。心身症はストレスを感じると体の中で病気となってはっきり現れますが、自律神経失調症は、体に症状は現れても消えてしまうのです。そのため、心療内科で検査を受けるようにしましょう。そうすることで、心身症なのかじゃないのかがはっきり分かります。また、更年期障害も自律神経失調症と症状が似ているので、必ず検査を受ける必要があるのです。